『グレイテスト・ショーマン』に学ぶ【自分の居場所】

どうも。ナガノです。

先日、僕の大好きなヒュージャックマン主演の『グレイテスト・ショーマン』を観ました。

 

成功とは?

幸せとは?

自分の居場所とは?

大切なものは?

 

それはまさに自問自答と、確認の連続でした。

 

グレイテスト・ショーマンとは

19世紀に活躍した興行師、P・T・バーナムの成功を描くミュージカル映画。P・T・バーナムヒュー・ジャックマンが、パートナーのフィリップをザック・エフロンが演じる。

音楽を手がけるのは、『ラ・ラ・ランド』で歌曲賞を受賞したベンジ・パセックジャスティン・ポールのコンビ。

この作品の題名「The Greatest Showman」はバーナムが上演した「The Greatest Show on Earth」からとったもの。ちなみに、20世紀フォックスの前身である20世紀ピクチャーズは、1934年に「The Mighty Barnum」の題で一度バーナムの伝記映画を制作している。

引用:ウィキペディア

 

 

成功も幸せも『等身大=それぞれ』という考え方

幼い頃に、貧しく辛い想いをしたバーナーは、過去のコンプレックスなどから、事業として成功を追うあまりに信用をなくし、全てを失ってしまいます。

 

僕は『等身大=それぞれ』という考え方が好きです。

ビジネスや人生における『成功者』、その考え方や定義は様々だと思いますが、しかし僕はその定義や考え方に『絶対』は存在しないと思っています。

 

人は、型にはめたがります。

遠い過去の成功体験や、他人との比較。

 

先人の成功体験や、他者との競争意識は大切です。

むしろ敬意を表し、重んじるべきとも思います。

 

しかし、『絶対』は存在しない。

人は十人十色だから。それぞれの色が存在する。

 

自分の支えになってくれている人。

自分が追求したい価値観。

そして自分自信の居場所。

 

 

理美容師というパフォーマーとして、

お客様を迎える店舗を持つ経営者として、

家庭を持つ父親として、

 

 

これからも『等身大』を追求し、

その『等身大』を大きく成長させ、提供できる価値を高めていく、

自分自信の居場所が、多く笑顔に溢れるそんな場所を作り上げていきます。

 

それではまた!

 

 

ナガノダイキのプロフィール

近畿大学経済学部卒業
大学卒業後、某大手理美容グループに就職。
美容室・理容室・訪問理美容・カラー専門店など累計22店舗で、店長・マネージャーを経験。
理容師/美容師として、施術者数4万人以上。H30年2月9日南森町の美容院(美容室)コハク開業。

 

コハク(南森町/西天満の隠れ家サロン)

[住所]

530-0047

大阪市北区西天満四丁目4−16 二見老松Bld.102

[TEL]

06−6940−4016

[営業時間]

平日 朝10:00〜夜22:00

土日祝日 朝9:00〜夜21:00

(早朝営業のご相談も承ります)

[定休日]

不定休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です